So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

新たな趣味にどはまり中。しかしまさかの... [ゴルフ]

(今更ですが...)今年のGWは何と10連休。すばらしい!!

長期休暇の前には必ず部下とおまじない的に怪しいサーバー群を再起動して回ると言う事を業務としている。企業内IT部門としては休み中のサーバートラブルだけは関わりたくない。

10年前にオフコンからクラサバにリプレースした社内システム(基幹、会計、給与)は今まさに次のリプレースに向かってプロジェクト進行中でやっと会計システムのクラウド移行が完了したばかり。けど、まだまだ旧(Win2003SV)サーバーはあるし、ハードウェアだって10年越しの劣化著しい年代ものも多数ある。

少なくとも仮想化くらいはしたいところだけど訳あってリアルで運用せざるをえない面倒くさいレガシーなやつら。

最後にサーバールーム内で安全祈願をして準備万端!


いざ!


さて、初日はかねてより約束していた友人とのゴルフ。

と言っても近所の打ちっぱなしに行ってひたすら寡黙に打ち、その後、ゴルフ談義で1杯飲むってだけの事。

仕事上、付合いの長いITベンダーがあって、そこで営業をしている友人。担当が彼に代わって1年弱になる。出身もお互い東北だし現住居も同じ市内と言う事で必然的に仲良くなり、その彼から半年前に「どう? 一緒にやりませんか?」って誘われて始めたゴルフ。

正直、汗ダクダクの「動」のスポーツを好む僕としてはゴルフって「静」のイメージが強過ぎてどうも興味が沸かなかった。

セレブなおじさん?感もあるし、どうも僕ごときが1歩踏み込めない敷居の高さがある。

「いま、とあるショップに行けば初心者ならクラブ1本もらえるよ」て言うので一緒に行って、1本クラブ(7I)を貰っても尚、僕の気持ちは「え~、ゴルフ~」って感じ。

用意周到な友人に無理無理車に乗せられ、そのまま人生2回目(1回目は20代の頃)の打ちっぱなしに連れて行かれて打ってみたら、しかしこれがまた当て感があると言うのか、いとも簡単にヘッドに当るし、当たれば飛ぶ。



No1.jpg

いかにも初心者な友人のショット




友人もここぞとばかり「すごい、センスあるなぁ! さすが社長。普通、まず空振りしますよ」とか持ち前のセールス的太鼓持ち精神で煽って来る。

「ナイショーーーッ!!!」

とかいらんから! 練習場で恥ずかしいわ! てか、社長って誰? バブルかっ!

....でも、、、楽しいかも?(単純)

こうして、自宅から歩いて行ける距離にある練習場に足しげく通っている今、ふと思えば榛名Base付近にはゴルフ場は数え切れないほどあるし、こんなにゴルフに便利な場所にいてなぜ今までやらなかったのかが不思議でならない。と思うほどのめり込み....

ゴルフ万歳!!

な、自分になっていたのである。ちょっと前の自分じゃ本当考えられない。

何事も形が大事な自分、今やクラブセット(11本)、シューズ、練習用キャディバック等々、着々と人目(かみさんの)を忍んで準備に余念が無く、おかげで外見ゴルファーの出来上がりは早かった。

しかし、なんせ僕も友人も超が付く初心者。
コース出たらボール捜しで1日が終わるくらい2人で右往左往。だから、最近ほぼ毎週末と言って良いくらい、彼に練習に付き合ってもらっている(付き合ってやってる?)のである。

それはいいんだけど、実は、連休に入る前からどうも左右の脇腹に痛みがあって、くしゃみとかすると顔がゆがむくらいきつい時もある。

ゴルフって上半身の捻転からパワーを生み出すので初心者は割りと脇腹の筋肉を痛めるとかネットに書いてあった。

元々馬鹿みたいにストイックな性分。手がマメだらけになるほどフルショット300球とか連日やってたのが原因だろう。もう、早く言ってよぉって感じ。

まあ、でも、これくらいは大丈夫! と、いつもの様に軽く素振りした後の7Iハーフショット一発。

ひぃぃっっっ!!

反射的にうずくまってしまうくらい右脇腹に強烈な痛み。

い、息が出来ない...

マジ?!

こうして始まった10連休。GWの初日でありました(泣)。




タグ:ゴルフ 練習
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7:32号の同胞達 [その他]

今の会社に転職して16年。朝の通勤電車は7:32最寄駅発の電車に同じ場所から乗るのが日課。
几帳面な性格なので別に1本位送れても問題は無いのにわざわざ走ってまでも7:32に乗る。

因みに会社のトイレ(大)はどんなに切迫詰まっても他フロアのは使った事がない。



IMG_0491.jpg



僕の通勤は最寄り駅から一旦乗れば終点駅が勤務場所になるので乗換も無く非常にシンプル。
だから、座席にさえ座れればのんびりと本を読めるし、スマホいじりにも集中出来る。

惰眠の海に溺れても最後は駅員さんの優しい起床コールで起こしてもらえるし、人も羨むかなり恵まれた通勤時間だと自分では思う。

ま、埼玉から東京を縦断しての終点駅なのでこれ位の特権はあってもいい。
殺伐とした社内の雑踏をいっときシャットアウト出来れば、独りの時間に没頭出来る朝の貴重な時間だ。

この7:32号にいつも乗り合わせる同胞が3人いる。

みんなどこの駅で降りるのかまで知っているのは、そのうち2人のどっちかの前に立つ事が出来れば間違いなく彼らの後釜でその座席をキープ出来ると言ううまみがあるから。

せこいとか言うなかれ。1hは同じ電車に乗り続けて乗客が増減を繰り返す中、僕の目の前に座っている乗客だけが嫌がらせか?って思うほど中々降りないって事があると、もうその日1日やる気が失せる。

そこに立ち続けている自分の運の悪さに嫌気が差して、両隣の乗客が2回転目とかに差し掛かるともう発狂する勢いで自分を恨む。だって、僕より後に電車乗った人達が次々座れるってどういう事??

だから、この2人は僕にとって貴重な安牌なのだ。

まず、安牌1号のアキバ君(仮称)20~30代男性。
座る位置にバラツキはあるけど窓ガラスに頭を預けて豪快に口を空けて寝ているのですぐ見つけやすい。

次に、安牌2号のカヤバさん(仮称)50~60代男性。
いつも端っこの座席に座っているが、その日どこの端にいるかは乗ってみないとわからない。

で、もう1人のエビちゃん(仮称)20~30代女性なのだが彼女の場合、僕の隣駅から乗車すると僕の降りる1つ前の駅までっと一緒というなんとも1歩間違えばのっぴきならない状態にいつ発展してもおかしくない方(笑)。

正直、すでに僕の意識には深く関わっている。

ま、とるに足らないただの偶然ではあるのだが、ほぼ毎日電車の中で隣に立ったり隣に座ったりってしていると、たまに見かけない時には「あれっ? どうした、寝坊か?」て妙に心がざわついたりする。

同胞ってなんだろう。7:32号を共にする同胞以上でも以下でもないのだけど一言も言葉を交わしたことが無い...どころか声を聞いたことも無いのに妙に心が動く。

今日も今日とて、隣に座っていた彼女。普段ならスマホに見入ってゲームなのかな..やっているのだけど今日は完全に寝入ってる様子。まあ、寝ている事はよくある。

それでも、殆どは降車駅手前でちゃんと目覚めて何事も無かったかのように降りて行く...のに...あれ?今日はどうした...

ほら、もうそろそろ起きなきゃでしょ...

2駅手前辺りからどうにも気になって僕のソワソワ度が増していく。

1駅手前でも全く動じる様子なし。
えぇーー! もしかして気失ってる...? て心配になる程動かない。

『ちょっと、もう、起きなっ!!!』

僕は一体どうしたらいいのだろう。
起こすべき?? や、そんな事したらただのキモいおっさんじゃんね?

えぇぇーー! どうしよう。放置・・・・や、それはかわいそうだし同胞としてはあまりに非情すぎる。どうにかして起こしたい・・・

彼女の最寄駅に電車は滑り込む様に減速して行く。いかにも寝てた風を装って電車が揺れたからぶつかりました体で彼女の肩にヘッドバットしてやろうかとも思った・・・

えぇぇーー! どうしよう・・・



駅着いちゃった・・・



結局、寝たふり。あはは...

放置....

すまぬ! 不甲斐ない僕を許せ!


エビちゃんは起きなかった。そして、無情にも電車は走り出したのであります。
あ~あ、乗り過ごし確定。やっちまったな・・・

しかし、変な汗かいたわ...

僕はそうっと薄目を開けると、あ、、あれっ!? パチッと目覚めてるじゃん!!
そして、何事も無かったかのようにしれっと終点駅で降りて行ったのでありました...

何だったんだ

や、起こさなくて良かったという事なんだな...たぶん。...危なかった。

人の善意って必要な時には有難がられる。必要がなければただのお節介、押し付け、悪ければ「キモいよ、おっさん!!」って事になりかねないので気を付けなきゃいけない。

何事も需要と供給のバランスは大事。受けてが評価しての善意なわけで、そうじゃなければただの自己満。偽善ともとられかねない。

と言うか、この場合、都会で生活してる人は多分みんな放置だろ。ドライでクール。
だって苦しんでる訳じゃないし。

こういうところが暑苦しく関わりたがる田舎育ちの所以なのかもしれない。


タグ:通勤
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

脳の活性化は「咀嚼」にあり [お勉強]

ふと思った。

『勉強中って、どうしてこんなに食べものが欲しくなるのだろう。』

咀嚼することで、歯根にある歯根膜から脳に刺激が伝わり神経活動が活発になる。中でも前頭前野(思考や創造性)と海馬(記憶)が顕著に活性化する事は分かっている。

残存歯の本数やかみ合わせの良し悪しが高齢者の認知症リスクに深い相関関係があるとも言われ、咀嚼機能の維持は介護予防の観点からも重要な要素の1つである。

それ程脳に影響を持つ咀嚼行為。だとしたら、勉強中に物を咀嚼する事は、脳のさらなる活性化をまねき、相乗効果でさぞ勉強もはかどるのではあるまいか...。いつも感じるこの「食べたい」感は、もしかしたら、脳への神経伝達経路として勉強と咀嚼はベストマッチングであるという事の証なのかもしれない。


だからって訳では無いけど、ブリ大根...[わーい(嬉しい顔)][るんるん]



IMG_0457_1024x768.jpg




やばい

「飲みたい」感が止まらない...



タグ:大学 勉強
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ほぼ1年ぶりの更新! ご無沙汰です(汗) [その他]

遅ればせながら...
2019年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

すっかりご無沙汰です。
更新が滞ってはや1年ですかぁ(汗)
光陰矢の如しと申しますが、時間と言うのはこうしてあっと言う間に過ぎ去って行くものなんですね。
へぇ~(遠い目...)

ま、誰にでもある同じ1年を主観的に「短い」と語るのは、いかに充実した日々を送れたかと言う評価に尽きると思うのだが、うちの娘曰く「何も無きゃ無いで無駄な時間ってのも過ぎるのは早い。残るのは充実じゃなくて後悔?悔恨?だけどね」

...おおっ、確かに(^^;
うだうだして「やだ、もうこんな時間!!」なんてよくあるもんね(笑)

次の更新がいつになるかはわかりませんが、希望的意欲を持ってブログ更新にのぞんで参りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします٩( 'ω' )و



取り敢えず大晦日の祝い膳は例年通り寿司を食べ....


IMG_0392_1024x768.jpg



それから、ガキ使など見つつ12時近くになったら年越しそばを食べ...
が、しかし、啜ったら先から誤嚥して口からなのか鼻からなのかもはや分からない状態でそばをぶちまけ...(縁起行事なのに死ぬかと思った)


例年なら家族を代表して僕が1人、地元の氷川神社で初詣の列に並びながら年越しのカウントダウンに参加し(零時を過ぎて列が動き出したところで家族招集が常)、有り難い振る舞い酒をいただくのですが....今年は行かず...

家飲み...



IMG_0390_1024x768.jpg



年が明けてしばらくは、ひたすらお汁粉と雑煮とおせちで朝、昼、晩の飯を賄う。

そして、日も高いうちから酒が飲めるぞっ!...なんて張り切っても三が日が過ぎれば体は必然的に日常を求めるのでそこで正月気分は終わり。

今年は9連休と過去に例が無いくらいの長期休暇にもかかわらず、ま、やることは6日間位はいつもと一緒。飲んで食べて特番テレビ見て...

ただ、連休最終日の夕飯は家族でちょっとリッチなお肉を頂きに数年前地元にオープンしたお店へ行ってみた。
これが、意外とと言っては失礼かもしれないがどれもこれも美味しくってびっくり!
そしてリーズナボー。行ってよかった。



IMG_0402_1024x768.jpg

IMG_0415_1024x768.jpg

IMG_0416_1024x768.jpg



今年の年末年始、実はいつもと違う嗜好が1つあって、それは僕が「大学生」をやっていると言う事実...(通信大です)
今、1年次の4学期真っ只中で、ネットで授業を受け、更にネットでテストをこなすと言う非日常が実はこの休暇の結構な部分を締めていたのでございます。

社会人大学生...学びの志を持って初めては見たものの現実はやはり厳しい。
スキマ時間にスマホでオンライン受講...大学の広告にはそんな謳い文句が並び、能動的な学習プランを...みたいな感じを醸していたけど、実際には次々と配信される講義に受講期限があって、受動的にコツコツとこなしてしていかないとあっという間に未受講講義が溜まってしまうのである。

自己抑制メインの自己管理。まれに自己犠牲を伴う。
ストイックに勉強に打ち込む自分を他人事の様に感心するのって今までに無かったかも...

それでも、履修登録した科目が最終的にいい成績を納めればそれなりに達成感はあるしやりがいにつながる。ま、どれだけ吸収できたかは別として...。

それに、SNS全盛の今、学生同士の老若男女入り乱れるいろんなコミュニティに能動的に参加すれば、情報交換と言う目的意外にも、ほとんど僕より若い方々(中には当たり前だけど10代の方もいる)なので精神的な若返りって言う副次的効果がうれしい。
乗れている自分にある意味自信がつく。

ま、この話は後々折を見て...



更に今年は本格的にジム通いを始める事にした。
気持ちのいい汗をかく事の重要性は大学の講義でも学んだし過去10年の自転車トレーニングで実証済みでもある。

最寄り駅のすぐ近くに新しくジムが出来たって事がきっかけではあるけど、精神的、肉体的健康維持、そしてなにより頭&体の老化防止に運動は欠かせないのだ。

自宅トレは気軽だから継続と言う観点なら一番いいと思うけどなんせ刺激が無い。同じ嗜好性を持った他人が頑張ってる姿ってやっぱ一番刺激になるし、これで仲間が出来れば尚更。



今までは家族の為、家族第一、家族と一緒...と、常に根幹には家族ありきで走ってきたけれど、息子は結婚し長女は社会人。次女は今年大学4年でもうじき卒業というところまでたどり着いた。
会社人間ではないけれど、気付いたらもうこれ以上昇格は見込めないポジションに現在いる。

少し肩の荷が降りた?時間的、経済的、精神的な「余裕」が出来たのかな。

このタイミングでふと自分史を振り返る。もちろん過去を変える事は出来ない。が、過去をどう解釈するかで意味は変わる。

「これまで」が「これから」を決めるのではなく「これから」が「これまで」を決める。

今、何を見つめ、何を選択し、何を学び、何をするか、、生まれた余裕を自己への投資に向ける事によって、まだまだこの先に僕の「これから」が待っている。それは、更なる仕事の成功とか家族の幸せとかそう言う意味ではなく、僕がこれから死を迎えるまでにやりがいを持って取り組めるライフワーク的な何か。

子曰く「...四十にして惑わず、五十にして天命を知る...」

40代の頃から僕の中で燻っていた思いが、今「天命」なのだと確信するほど大きく存在感を持って僕を占める。
その灯が照らす方向を信じて学を修め、楽しみ、興味を持ち続けて行けたらいいな。それを可能にする体力と健康も維持しつつ。



こんな感じで始まった2019年。
テーマは「頭も体も筋トレ」みたいなスタートを切ったのでございました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハルヒル2018 エントリー [サイクルレース]

今年のハルヒルも無事エントリー出来ました。

毎年コリもせずに参加しているのですが年々タイムは悪くなる一方です。

もちろん今年もタイム的に良くなるとは思えませんが、とにかく出せる力を全部出し切ってこれでもかってくらい完全燃焼して「嗚呼、俺、生きてる」って充実感が味わえればそれでいいんです。

圧倒的な疲労感の後のいっときの幸福感。
あれが堪らないので。






タグ:ハルヒル
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Baseの庭に出た謎のキノコ [キノコ]

先週末の事、いつもの様に土曜日のお昼にBase到着。

今回も山に入ってきのこ狩りをしようと思い新たなポイントを探す為、暇な時間を見つけてはひたすらPCに地図を拡げながら悶々とした日々を送っておりました。

で、また2箇所ほど良さげなポイントを見つけておき準備万端。

と、思っていたら着いて早々何ですかね、これは?



DSC00777_1024x768.jpg



ぱっと見、エノキですけどそんな訳無いですね。

エノキダケは晩秋から冬のきのこだと思っていましたから今出るのはおかしいでしょう。

しかし、見れば見るほどエノキにしか見えません。



DSC00782_1024x768.jpg



そこへ、たまたまご近所さんがやって来ましたのでちょっと聞いて見る事にしました。

実はこの方、僕と同郷の青森出身できのこも相当詳しい方です。

「こりゃエノキだね。ここの別荘地は結構あっちこっち出るよ」

やっぱ、同意見のようでした。

「でも、時期的にちょっと違いません? もうちょい寒くなってからじゃないですか」

これについてもやっぱり同意見でした。

取り敢えず1株採集します。

で傘裏と柄の観察。



DSC00783_1024x768.jpg



真っ白なひだにビロード状、そして付け根に従って黒くなっている柄。

もうエノキだと言う事で疑いようがないのですがそれでもまだ慎重に眺め回します。

天然エノキダケはまだ食べたことが無いので食してみたい欲求が沸々と湧き上がっておりますが、この手のきのこで気を付けないといけないのは「ニガクリタケ」と「コレラタケ」でどちらも死に至る程の猛毒菌です。

ニガクリかどうかは生でかじればすぐ分かりますし、まず傘に粘性があってこんだけテカテカしていればニガクリって事は無いはずです。

ニガクリタケの傘には粘性はないですから。

コレラタケは実際に見た事は無いのですがヒダがこれ程白いって事は無いはずです。
且つ、確か柄にツバがあったと記憶しています。

センボンイチメガサって線はどうだろうか。

いやこれも柄にツバがあるはずだし鱗片もあるはずなので特徴からは外れています。

しばらくネットで画像見たりしながら悩みましたが僕の見立てはやっぱり「エノキダケ」。

最後にもうひとしきり悩みましたが今回は食べるのはやめておきました。

もうちょっと生長させてからの方が同定し易い気がするし、何はともあれ相応しい時期にしっかり出てくれればそれだけで確信が持てるんですけどね。

まあ、自信の無いきのこはこれ位慎重であった方が良いのでしょう。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Baseの庭のクリが今年はいい感じ [山野草]

先週末3連休。

台風18号の影響で天気は期待出来ませんでしたが取り敢えずせっかくの連休ですから榛名Baseに行くことにしました。

16日のお昼に着いたら、この日はまだ雨も無いですからBase周りで栗拾いをしながら時間を潰します。


DSC00766_1024x768.jpg

DSC00767_1024x768.jpg



我がBaseの庭にあるクリの木です。

去年は殆どつかなかった実が今年は結構付きました。

肥料とか何も施こさず周りの草刈りをまめにしていただけですけどそれだけでもいい影響があるんですね。

最初は、実が小さいんでヤマグリかと思っていたんですけど、中にはヤマグリにしては相当大きな実もついているようですから何某か栽培種かもしれません。

ちゃんと剪定してやれば立派な実がゴロゴロとつくんでしょうか。



前回来た時には別荘地内のあちこちのヤマグリの木からいっぱい実が落ちていました。



DSC00769_1024x768.jpg



今回も来てみたら同じ場所ですけどまたこんなに落ちています。

でも、もうヤマグリはいいです。

前回、畑の向こう側にある大きな栗の木はまだちょっと早かったみたいで1こも拾えなかったんですが今回は少し落ちてました。



DSC00773_1024x768.jpg

DSC00772_1024x768.jpg



ここのは大きくて甘いんです。

いや、ヤマグリも甘くておいしんですけどね。如何せん小さくて。

そのヤマグリですけど、前回のはかみさんが殆ど渋皮煮にしてくれて瓶詰めになっています。

ヤマグリの渋皮煮、これがまためっちゃ旨い!

おやつ代わりにちょいちょいつまむには丁度いいです。

今回のは皮剥いて栗ご飯でも炊いてもらいましょうか。


庭のアカシヤの木に絡みついてるアケビの実が熟して口がぱっかりと開いていました。


DSC00774_1024x768.jpg

DSC00776_1024x768.jpg




1こは虫に食われてしまいましたが何とか2こ頂くことが出来ました。

何年ぶりだろう。子供の頃はよく友人達とアケビとりに山に行ったものですけど大人になってからはもう見ることもなくなっていました。

そうそう、こんな味です。

一口食べると味覚が蘇ってきました。

甘くてトロッとした舌触り。

そして無駄に多い種。

ひとくち食べては「ぷっぷっぷっぷっ」と種を飛ばしながら食べるのは昔も今も同じです。


この3連休はきのこはお休みでした。

そしたら、青森の兄貴から「マイタケ出たぞぉー! お前とりに来ぉーい!」とTELが入りました。

いいなぁーマイタケ。

行きたいのは山々だけど土日のたった2日間でマイタケとりに青森まで帰ってられないでしょう。

つうか、何で普通に送らない?



移植した庭のウドの花が咲きました。

別荘地内あっちこっちにウドが出ますが、来春はそいつらを集めてウドの漬物に挑戦してみようかと思っています。



DSC00768_1024x768.jpg



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017 最初のきのこ狩りは [キノコ]

今年初のキノコ狩りに行ってきました。

榛名山南麓が裏山と言う事になりますが実はまだそれ程探索に時間は取れていません。

なので、どこにどんなきのこが出るか全く何の情報も無かったので今回は事前に山岳地図やらストリートビューを参考にしながらポイントを机上で整理しておき、そのポイント周りを探索する事にしました。

榛名山南麓はとりあえず2箇所だけポイントしてそこへはカブで向かいます。

途中、ゴルフ場の裏を通ります。

ゴルフ場を過ぎると一遍に道幅も狭くなり鬱蒼とした杉林の林道になりました。

と、いきなりえらい勢いでイノシシ5頭が目の前を横切って行きました。

うり坊よりは大きいけどまだ子供みたいな感じでたぶん2年生になるんですかね。

大きさはみな同じ位に見えたのでみんな兄弟だったんでしょう。

Baseの庭もちょいちょい掘り起こされてますが、ほんとうにイノシシが多いです。

これからの季節は、別荘地内もあちこち荒らされるはずです。
栗の木やら柿の木やらが多いですからね。


取り敢えず、1箇所目のポイントに着いたので早速山に分け入ってみます。

今年初のきのこ狩りなのでワクワクです。

赤松とブナ系も混じった混成林で標高は800m位です。

ほぉらね、幸先がいいっすねぇ。



P_20170910_095012_vHDR_Auto_1024x768.jpg



林道から3歩入って早速発見した不明菌。

ええ、こんなしょぼい菌はポイッ!ですよ。

僕が探してるのはこんなんじゃないんですよ。

たった数歩でキノコに遭遇したら誰だってその先にはいっぱい・・・・って期待するんですがね・・・・

その先にはぜんぜん無いっす。きのこ臭も全くなし。

小1時間位歩いて早々に切り上げ、次のポイントへ向かいます。

しかし、次のポイントも同様な感じでした。

きのこ狩りはタイミングが重要です。
まめに通ってみないとそこにどんなきのこが潜んでいるかは分からないのです。


しょうが無いので山をおります。
ひとつも収穫無く山を降りるのは不本意ですがしょうがありません。

しかし、ここでふと閃いて行き先を別の山に変更しました。

20分位で目的地到着です。


ここは2年前に来て株立したキノコを見つけたのに流れていて残念な思いをした場所です。



DSC00111_1024x768.jpg

DSC00112_1024x768.jpg



昨年は、来れずにいたので結局何のきのこだったのか未だ同定出来ていなかったのですが、僕的には確実に食菌の手応えがあったので今日こそ正体を暴いてやろうと思ったわけです。

確か、以前発見した時も9月上旬だったはず。

ガレ地の林道をカブで登って行き、確かこの辺り・・・とうろ覚えだった場所まで来るすぐに白いきのこの株が目に入りました。

さあ、正体を暴いてやる。

しかしこの場所は、めちゃくちゃ急斜面の途中にあって登るのも一苦労。



P_20170910_111921_vHDR_Auto_1024x768.jpg



「オオイチョウタケ」


やっぱり。

って感じでした。

オオイチョウタケは大型になるきのこなのですが、10cmオーバーは2個だけで他はほとんどが幼菌です。

でも、せっかくですから食べれそうなものは摘んできました。

それでも、あと1回は収穫出来そうな感じです。



P_20170910_192949_vHDR_Auto_1024x768.jpg



Baseに持ち帰ったら取り敢えずビール。

で喉を潤しながら一応同定作業をします。

まあ、間違い無いでしょう。

汚れを取って虫出しの作業をしながら、早速少し味見と言う事でベーコンでちょっと炒めてみました。

初めて食べるオオイチョウタケでしたが結構うまいです。

匂いが結構きついので好き嫌いが分かれるでしょうが洋風の味付けにしたら何にでも合いそうな感じがしますね。

僕は全然OK!

別荘地内で拾った沢山の栗とオオイチョウタケをおみやげに埼玉自宅に帰る事にしました。


自宅でもオオイチョウタケとベーコンをバターで炒めて早速酒の肴です。



P_20170910_193715_vHDR_Auto_1024x768.jpg



かみさんもつまんでみて「うまぁい!」と感動していました。

やっぱバター合いますね。


沢山あるので残りは取り敢えず乾燥させました。

もともと香りの強いきのこですが乾燥させた事で更にパワーアップしています。

いい出汁がでると言う事なので今度はきのこ汁で食べて見ようかと思います。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

移植したやつらも元気に育つ [榛名Base]

先週日曜日。榛名Base。

朝4:30起床。雨は上がっていそうだけどいつでも降ってきそうな空。

未だテレビを置いていない(あるけどしまいっぱなし)Baseでは夜は酒食らって寝るだけなのでお陰で朝が早い。

庭の雑草も前日の雨に濡れたままだが、朝飯の前にさっさと草むしりに取り掛かる。

「お宅の庭にはミヤコワスレが出るよ」なんて近所のおばさんに言われていたが今まで見たことは無い。

もしかしたら、この庭一面に咲いているハナダイコンの事を言っているわけじゃあるまいと思いながら手でばんばんハナダイコンをむしって歩く。

ムラサキの花は綺麗だけどここまで繁栄されると困る。

と、ふと気づく。




P_20170514_060355_vHDR_Auto_1024x768.jpg




あった!ミヤコワスレじゃん!


あのおばさんが言ってたのは間違いじゃなかったんだ。

言われてどんな花なのか特徴を調べておいたから良かった。

知らなかったらそのまま引っこ抜きの刑だったろうから。

可愛い花だな。

こいつは大事に育ててやろう。


しかし、改めて人んちの庭の事よく見てるんだなぁって実感。



セリ周りに生えているヤブジラミとか同じセリ科で紛らわしいから綺麗に全部抜いてやった。

去年移植したセリはだいぶそれっぽくなった。でもまだ収穫には早いか。




P_20170514_055517_vHDR_Auto_1024x768.jpg





場所を移動したウドもヒョロっとだけど6本生えてきている。




P_20170514_055241_vHDR_Auto_1024x768.jpg





で、ついでに畑の向こう側にある藪に行ってみる。
ここにはでっかい山椒の木と太いウドが出る株がある。

10本近く出ていたうちの取り敢えず3本だけ頂く。




P_20170514_051839_vHDR_Auto_1024x768.jpg




こいつはお土産として埼玉自宅に持ち帰って天ぷらにしたら最高にうまかった。

庭にはこんなタラノキが3本あるがいずれはこいつらも場所を移してやろう。





P_20170514_060703_vHDR_Auto_1024x768.jpg





なんてやってたら隣の畑にバッサバッサと飛翔物....と思ったらキジがつがいで遊びに来た。





P_20170513_142442_vHDR_Auto_1024x768.jpg





・・・・・う・・・・・うまそぉ





いなくなるまで手を休めてぼんやり眺めやる。

隣の畑に姿を消したので「さて」と続きに取り掛かろうとしたらうちの敷地の中をタヌキが猛然と駆け抜けていった。

この光景も最近はもう日常。



外も中も雨 [榛名Base]

先週土曜日。雨の中榛名Baseに向かう。

ぼちぼち今年最初の草刈りをしないとまずい。


お昼過ぎ位にBaseについた。

渋滞がなければ2時間でBaseに着くんだからやっぱ近くていいね。


で、車を降りるとこの日は雨の影響もあってか外はかなり肌寒い。




P_20170513_124854_vHDR_Auto_1024x768.jpg




思わず、ストーブ着火。

しばし暖をとっていると徐々に雨音が強くなってきた。

と、何処からともなく聞こえてくる水滴の滴る音

「ポチャッ」・・・・・「ポチャッ」・・・・・

キッチンではない。




P_20170513_124003_vHDR_Auto_1024x768.jpg




・・・・・・やっぱ雨漏ってるし。

補修したのにぃー!

ぐ・ぬ・ぬ~~~~



取り敢えずバケツで受ける。

昭和だなぁー。




P_20170513_123941_vHDR_Auto_1024x768.jpg




まあ、ひどい時は3箇所同時に雨漏りしてたからね。

それに比べたらまだマシ。





しょうがないね。

梅雨入り前にまた屋根上ってコーキングしとくかぁ。



前の10件 | -